コンプレックスにサヨナラ|吃音は改善できる症状

診察

医師との相性が大切

悩み

横浜駅周辺には営業時間が長く、口コミサイト常連の心療内科が複数あります。病院選びに迷っているのであれば、これを軸に考えても良いでしょう。ただし、人ごみが苦手な方は、避けましょう。郊外にも良い心療内科は複数あります。医師との相性が大切ですので、口コミ情報を大切にしながら選びましょう。

コンプレックスを解消

医師

治療を受けよう

話をする時に、どもってしまう吃音症に悩みを持つ人でも、適切な治療を受けることにより、吃音症を克服することが出来ます。どもってしまうということを恐れるがあまり、他人との会話を避けていると、人間関係をうまく築くことが出来なかったり、自分に自信を持つことが出来ないなど様々なデメリットがあります。吃音症は自然治癒することはなく、症状をそのままにしておくと悪化してしまう可能性もあります。吃音症と一口に言っても、いくつかのタイプがあり、それぞれのタイプに合わせて適切な治療法を選択することが大切になります。年齢を問わず症状が出ますが、幼児の場合は成長とともに改善されるケースが多く、気にしない方が良いこともあります。

病院へ行こう

吃音症を疑った場合、慎重は耳鼻咽喉科や神経内科、精神科、心療内科、リハビリテーション科などで受けることが出来ます。吃音症における診療科目は、厳密に決まっているわけではなく、知識を持つ医師や言語聴覚士がいるところであれば、どこでも治療を受けることが出来ます。耳鼻咽喉科やリハビリテーション科では、スムーズに話すための言語療法が主に行われます。精神科や心療内科では、心因的要因が原因で吃音症になっている場合に、メンタル面から治療を行う心理療法が取り入れられます。話をする時にどもるということに対して強いストレスを感じている場合には、精神科や心療内科を受診することをおすすめします。まずは、身近なかかりつけ医に相談するという方法もあります。

私の心療内科医院

男性

医院長先生の治療とカウンセリング治療とデイケアでの社会復帰を目指した治療の三つの大きな治療で、患者さんに会った治療を埼玉の心療内科では行なっています。そこで治療することによって解決に向かって行けます。

睡眠の悩みを解決

女性

現代は不眠症で悩む人が増えています。夜眠れない状態が続く場合には、精神科や心療内科での治療が必要です。自分で生活改善などをして、眠れるようにすることも大事ですが、寝酒は身体に害となり不眠症の解決にはなりません。