コンプレックスにサヨナラ|吃音は改善できる症状

男性

睡眠の悩みを解決

女性

現代の日本は、夜間も照明が明るく、テレビやスマートフォンなどを寝る直前まで使用している人が多いことから、不眠症に悩む人が増加しています。不眠による心身への影響は大きく、例えば睡眠時間が少ないと肥満になりやすいことがわかっています。また、うつ症状が出現しやすくなることもわかっています。このため、たかが不眠症と思わず、早めの治療が必要です。一日や二日くらい、日中の悩み事などで眠れないのは病的とは言えません。しかしその状態が持続するような場合には、受診治療が勧められます。不眠症の治療は精神科や心療内科で行われます。不眠の原因によってその内容は様々ですが、基本的にはカウンセリングや服薬が中心となります。

夜眠れないというときに、自分で何とか眠る努力をすることがあります。例えば、昼寝をしすぎないようにし、日中は太陽の光を浴びることは、生活にリズムを付け睡眠のためのホルモンを作るのに大事なことです。また、夜は少しずつ明りを暗くし、寝る直前にテレビやスマートフォンなどの光を浴びないようにすることも、重要なことです。ねる直前に運動をしたり湯船に入ると、身体が熱くなり入眠しずらくなりますので、注意が必要です。また、眠るために寝酒をする人もいますが、これは熟睡できない上に身体にとっても害となるため、不眠症の解決にはなりません。生活の工夫で睡眠状況が改善するのであれば良いですが、寝酒をしないと眠れないような状態であれば、不眠症の治療が勧められます。